昭和の英知

研究レポート

既成市街地における換地設計について(震災復興土地区画整理事業の換地設計について)

概要

タイトル:既成市街地における換地設計について

     (震災復興土地区画整理事業の換地設計について)

著者:岡雅利           

発表年:2000

団体/大会名:区画整理フォーラム2000

 

【概要】

 阪神淡路大震災の際、神戸市の市街地は、耐震性の低い住宅の倒壊や火災による延焼で壊滅的な被害を受け、区画整理事業による復興が行われている。

弊社は、神戸国際港都建設事業の震災復興土地区画整理事業に携わり、換地設計および仮換地指定業務を行ったため、その課題と対応策について報告する。

 

地区概要

 ・事業名称:神戸国際港都建設事業六甲道駅西地区震災復興土地区画整理事業

 ・区域面積:3.6ha

 ・地区概要:神戸市の中心に位置し、敷地規模6070㎡の木造密集市街地で、道路・公園などの

       都市基盤設備の整備が遅れていた。

       震災による建物の倒壊や焼失によって住民の多くが住宅を失い、震災前に500

       くあった世帯数が3割程に減少。

       これら権利者の土地は更地化され、仮換地指定後の再建を待つこととなった。

 ・区画整理事業における整備計画

      公共施設の整備計画:防災機能を備えた0.2haの公園を整備し、公園と幹線道路を区

画道路でつなぎ、ネットワークを形成することで防災性の向上を

図る

      被災者の住宅対策:神戸市の先買地を換地手法により集約し、そこに従前居住者の住宅を

               建設する計画

◆論文概要⇒既成市街地における換地設計について(震災復興土地区画整理事業の換地設計について).pdf

RSSを表示する

事業・サービスに関する
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

TEL. 03-5276-8778

受付時間 :
9:00~12:00、13:00~17:00

お客様別のご案内
昭和の英知
スペシャルコンテンツ
  • SHOWAのまちづくり
  • ニッポンの本当におもしろいを巡る旅
  • 殿が解決!まちづくり
  • まち子の勝手に表彰状
  • 見た、使った、行ってみた♪ 全国のまちづくり

ページのトップへ戻る