昭和の英知

研究レポート

組合区画整理の事業再構築の検討

概要

タイトル:組合区画整理の事業再構築の検討

著者:鎌滝裕司

発表年:2000

団体/大会名:区画整理フォーラム2000

 

【概要】

現在取り組んでいる組合区画整理事業は、組合設立から15年経過していたが、経済状況の変化や組合員の合意形成の面などから事業が中断し、事業進捗状況は25%にとどまっていた。そのため、行政・組合員から事業の見直しが求められ、社会経済状況に対応した事業再構築の検討を行ったので、報告する。

 

(地区概要)

事業目的:新市街地型の区画整理であり、スプロールの防止と宅地供給が主な目的

組合認可日:昭和593

組合員数:約350

位置:私鉄駅から徒歩10分程度の距離にあり、鉄道沿いに位置する。地区内には、

   既存の都市幹線道路が南北方向に1本走っている。地形はほぼ平坦地であるが、

   地区の北西は一部傾斜地となっている。

 

◆論文概要⇒ 組合区画整理の事業再構築の検討.pdf

RSSを表示する

事業・サービスに関する
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

TEL. 03-5276-8778

受付時間 :
9:00~12:00、13:00~17:00

お客様別のご案内
昭和の英知
スペシャルコンテンツ
  • SHOWAのまちづくり
  • ニッポンの本当におもしろいを巡る旅
  • 殿が解決!まちづくり
  • まち子の勝手に表彰状
  • 見た、使った、行ってみた♪ 全国のまちづくり

ページのトップへ戻る