昭和の英知

研究レポート

既成市街地における事業費の縮減方策について

概要

タイトル:既成市街地における事業費の縮減方策について

著者:宇土行次郎

発表年:2002

団体/大会名:区画整理フォーラム2002

 

従来、経済成長や人口増加に対応するため、宅地供給を主な目的として実施されてきた郊外型の土地区画整理事業は、バブル崩壊後の不況や少子高齢化の影響による需要減少や地価下落のために、厳しい対応を余議なくされている。

一方、既成市街地では中心市街地の空洞化が問題となっており、モータリゼーションの進展による商店街の衰退や地域コミュニティの崩壊が危機的状況にあり、その改善が早急な課題になっている。

 このような背景から、土地区画整理事業は郊外型から市街地の居住環境改善や中心市街地の活性化を目的とした既成市街地の事業へとシフトしつつある。

 本論文では、土地区画整理事業の一つの主流となりつつある既成市街地の事業における建物移転を中心とした課題点を整理し、その対応策に関して提言を行うものである。

 

◆論文概要⇒ 既成市街地における事業費の縮減方策について.pdf

RSSを表示する

事業・サービスに関する
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

TEL. 03-5276-8778

受付時間 :
9:00~12:00、13:00~17:00

お客様別のご案内
昭和の英知
スペシャルコンテンツ
  • SHOWAのまちづくり
  • ニッポンの本当におもしろいを巡る旅
  • 殿が解決!まちづくり
  • まち子の勝手に表彰状
  • 見た、使った、行ってみた♪ 全国のまちづくり

ページのトップへ戻る