昭和の英知

研究レポート

組合施行土地区画整理事業の再構築の方策について

概要

タイトル:組合施行土地区画整理事業の再構築の方策について

著者:小池明範/長谷川洋之

発表年:2002

団体/大会名:区画整理フォーラム2002

 

我が国は、近年「成長型社会」から「成熟型社会」へと転換しつつあり、都市政策においても

「新市街地の整備」から「既成市街地の再編」へと変化している。

こうしたなか、バブル期に事業認可され、現在も施工中の組合施行の土地区画整理事業は、

地価下落や自治体の財源不足などの要因により事業収支バランスが悪化し、再減歩や賦課金の

徴収を余議なくされている地区も多数見受けられる。

本稿では、事業の初期段階から中断し、10年以上手つかずとなっていた組合区画整理に対して、

再構築を試みた事例をもとに、再構築の具体的方策及び今後の検討課題について述べる。

 

◆論文概要⇒ 組合施行土地区画整理事業の再構築の方策について.pdf

RSSを表示する

事業・サービスに関する
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

TEL. 03-5276-8778

受付時間 :
9:00~12:00、13:00~17:00

お客様別のご案内
昭和の英知
スペシャルコンテンツ
  • SHOWAのまちづくり
  • ニッポンの本当におもしろいを巡る旅
  • 殿が解決!まちづくり
  • まち子の勝手に表彰状
  • 見た、使った、行ってみた♪ 全国のまちづくり

ページのトップへ戻る