昭和の英知

研究レポート

使用収益開始と境界杭

概要

タイトル:使用収益開始と境界杭

著者:井村龍一

発表年:2006

団体/大会名:社内論文発表会

 

【概要】

区画整理測量では、土地境界の位置を示す境界杭がある。境界杭の材質は、主に木杭・石杭・金属があり、設置する時期は、大きく分けて次の2つである。

 ・土地使用収益開始の際に石杭/金属標を設置する

 ・出来形確認測量において石杭/金属標を設置する

土地区画整理事業測量作業規定では、設置の段階を明確には義務付けてはおらず、現状としては施行者の指示により選択された手法を用いた作業で進められている。今後、何を基準にして手法を選択すればよいのかを検討した。

 

◆論文概要⇒ 使用収益開始と境界杭.pdf

RSSを表示する

事業・サービスに関する
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

TEL. 03-5276-8778

受付時間 :
9:00~12:00、13:00~17:00

お客様別のご案内
昭和の英知
スペシャルコンテンツ
  • SHOWAのまちづくり
  • ニッポンの本当におもしろいを巡る旅
  • 殿が解決!まちづくり
  • まち子の勝手に表彰状
  • 見た、使った、行ってみた♪ 全国のまちづくり

ページのトップへ戻る