昭和の英知

研究レポート

エリアマネジメントによる循環・発展型コミュニティの形成

概要

タイトル:エリアマネジメントによる循環・発展型コミュニティの形成

著者:西村雅博

発表年:2008

団体/大会名:区画整理フォーラム2008

 

【概要】

地権者にとっては、区画整理事業の完了とは新しい生活を送るためのスタート地点に立ったにすぎない。つまり、地権者が求めているものは、区画整理事業後に将来に亘って安心できる生活である。

 本地区では、区画整理のノウハウだけでなく、まちでの生活シーンを具体的にイメージしていくことで、このまちに何が必要なのか、その実現のためにはどうしたらいいのかを、まちづくりに関わる幅広い分野の人々と議論・検討した。

また、自主管理組織によるエリアマネジメント活動についても我々コンサルタントが第三者の立場でサポートしていくことで活動を軌道に乗せていくことができたので、ここに報告する。

 

(地区概要)

 本地区は埼玉県鴻巣市の中心に位置しており、JR高崎線「北鴻巣」西側9.3haの組合施行の事業であり、平成214月のまち開きを目指し活動を行っている。

 

◆論文概要⇒ エリアマネジメントによる循環・発展型コミュニティの形成.pdf

RSSを表示する

事業・サービスに関する
お問い合わせはこちら
お問い合わせ

TEL. 03-5276-8778

受付時間 :
9:00~12:00、13:00~17:00

お客様別のご案内
昭和の英知
スペシャルコンテンツ
  • SHOWAのまちづくり
  • ニッポンの本当におもしろいを巡る旅
  • 殿が解決!まちづくり
  • まち子の勝手に表彰状
  • 見た、使った、行ってみた♪ 全国のまちづくり

ページのトップへ戻る