topics

  1. TOP
  2. トピックス
  3. 3次元計測及び設計業務のご紹介

トピックス

3次元計測及び設計業務のご紹介

 国土交通省ではi-Construction(アイ・コンストラクション)を推進することにより、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もって魅力ある建設現場を目指しています。
 当社におきましても上記への対応としまして、様々な計測機器や処理ソフトウェアを駆使し、3次元計測及び3次元設計に取り組んでいます。以下に、当社の設備環境やデータ処理の事例をご紹介します。

i-Constructionとは?

 調査・測量・設計・施工・維持管理の一連を3次元データにて管理することにより、効率化・高度化を図るとともに、IoTやAI等の最先端技術の導入により、建設現場での生産性を向上させ、企業の経営環境を改善し、賃金水準の向上を図るとともに安全性の確保にもつながります。
 詳しくは、国土交通省i-Constructionのホームページをご覧ください。→http://www.mlit.go.jp/tec/i-construction/index.html

当社保有機材及び特徴
地上型レーザスキャナ
(RIEGL社 VZ-1000)
  • 地形、地物の形状を約1km先まで高精度に計測可能
  • 災害時等の立入り困難な場所での計測が容易
  • 3650万画素のデジタルカメラ併用により高密度点群と高解像度のカラー情報でリアルなカラー点群による再現が可能
  • ゴルフ場や重要文化財など多方面での計測で活躍
当社保有機材
スキャナ VZ-1000
安全クラス レーザークラス1
最大距離 1,400m/700m
精度/確度 8mm/5mm
測定レート 122,000測定/秒
鉛直スキャン 100°(上60°下40°)
水平スキャン 最大360°
UAV(ドローン)
(DJI社 inspire1pro、inspire2)
  • 空撮により災害時等立ち入り困難な地域での撮影が可能
  • 自動運航機能を使用することで、より精密で安全な計測ができ、3次元点群データ、3次元モデル、オルソ写真の作成が可能
  • スポット撮影(鉛直写真、斜め写真)、360°パノラマ画像作成、動画撮影も可能
当社保有機体
機体名 Inspire1 Pro Inspire2
カメラ DJI X5 DJI X5S
レンズ 15mm 15mm
画素数(pix) 4,608×3,456 pix 5,280×3,956 pix
オプションレンズ 25mm
取得データ 静止画・動画(同時取得不可)
3次元設計
(Autodesk社 civil3D、InfraWorks)
  • 地上型レーザスキャナ、UAVで得られた点群データを基に、LandXML形式の3次元モデルの作成が可能
  • 現況および施工後の3次元イメージの把握が可能になり、合意形成の迅速化
当社保有ソフト
ソフトウェア AutoCAD Civil3D InfraWorks360
入力データ ・基盤地図情報
・SIMAデータ
・点群、等高線等
・2次元モデル
・3次元モデル
・ラスタデーター等
機能 3次元地形モデルの作成
平面線形、縦断、横断設計
3次元造成設計
LandXMLをはじめ様々なデータ形式への出力
視線のビジュアル化
アニメーション、スナップショットの作成
日陰の解析
樹木。車などの3次元添景配置
3次元点群データ活用分野
  • 測量業務

    地形測量、路線測量、等

  • 都市景観

    景観や歴史的町並みをデジタルアーカイブとして保存

  • 土木建設

    i-Construction、CIM、BIM対応

  • 文化遺産

    文化財を3次元保存、復元等に活用

  • トンネル

    変位計測、維持メンテナンス

  • 橋梁

    設計図のない橋梁の図化、メンテナンス

  • 土量計算

    断面法より正確なボリューム計算

  • 災害現場

    安全かつ迅速に復旧対応

  • 河川ダム

    ハザードマップ等

データ処理の事例紹介
3次元地形モデル
オルソ画像
3次元設計

contact

事業・サービスに関するお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
03-5276-8778

採用情報に関するお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
03-5276-8771

個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
03-5276-8771